特定技能「自動車整備」制度のポイントとおススメの人材紹介会社を紹介 | 特定技能online

特定技能「自動車整備」制度のポイントとおススメの人材紹介会社を紹介

特定技能「自動車整備」とは

概要

2019年4月に在留資格「特定技能」が新設されました。
14業種にて資格取得が可能ですが、その中でも国土交通省が管轄している自動車整備分野における在留資格「特定技能」について紹介します。

特定技能「自動車整備」においては、特定技能1号のみでの受入れであり、2号は現在対象外となります。
※特定技能2号に関しては、建設、造船・舶用工業のみにて受け入れ。

自動車整備士の人手不足

一般社団法人 日本自動車整備振興会連合会の発表によると、全国の自動車整備士数は約34万人いますが、平成31年の自動車整備士の平均年齢は45.5才と高齢化してきており、今後、整備士不足が予測されます。

厚生労働省の「職業安定業務統計」によると自動車整備業界の有効倍率を見ても平成29年は3.73倍であり、全業種の1.54倍と比較しても売り手市場であることが伺えます。

参考URL:「平成31年度 自動車分解整備業実態調査結果の概要について 」https://www.jaspa.or.jp/Portals/0/resources/jaspahp/member/data/pdf/H31jittaityousa.pdf 

特定技能「自動車整備」受入れ人数

在留資格「特定技能」において、14業種全体での受け入れ目標人数は2019年からの5年間で合計34万5150人となっています。

上記のような自動車整備士の人手不足の予想もあり、「自動車整備」における5年間の受け入れ目標は7,000人となっています。

 

特定技能「自動車整備」受入れ可能な人材

受入れパターン

特定技能「自動車整備」分野の在留資格で外国人人材を受け入れるパターンは大きく分けて2つあります。

①以下の試験に合格した者
▶技能試験
「自動車整備分野特定技能評価試験」(仮称)又は「自動車整備士技能検定試験3級」

▶日本語能力試験
「国際交流基金日本語基礎テスト」又は「日本語能力試験(N4以上)」

②自動車整備分野の第2号、もしくは第3号技能実習を修了した者
自動車整備職種における技能実習制度は平成28年4月より追加されています。
2号、もしくは3号技能実習を修了した者は、特定技能への移行に際し、技能・日本語試験ともに不要です。

日刊自動車新聞によると、特定技能制度開始前の2019年2月時点の自動車整備業においては、1849人の外国人材が雇用されているとの事です。

在留資格別割合は「不明」との事ですが、特別永住者と在留資格(外交・公用)を除いた、事業主に雇用されている外国人材数になります。

上記①・②より、「自動車整備に関する技能」と「日常会話レベルの日本語力」を持ち合わせた外国人人材が求められるという事がわかります。
試験情報に関してはページ下部にてご紹介いたします。

 

特定所属機関(=受入れ企業)の要件

特定技能外国人の雇用にあたり、受入れ企業(=特定技能所属機関)が満たすべき要件として、国土交通省自動車局「自動車整備分野における外国人の受入れ(在留資格:特定技能)」には下記のように記されています。

① 道路運送車両法(昭和26年法律第185号)第78条第1項に基づく、地方運輸局長の認証(限定認証や二輪 のみも含む。)を受けた事業場であること
②国土交通省が設置する自動車整備分野に係る特定技能外国人の受入れに関する協議会の構成員になること
③ 上記②の協議会に対し、必要な協力を行うこと
④ 国土交通省が行う調査又は指導に対し、必要な協力を行うこと
⑤ 登録支援機関に1号特定技能外国人支援計画の実施の全部を委託する場合にあっては、以下の いず れにも該当する登録支援機関に委託すること
 i. 上記②~④いずれにも該当すること
ii. 自動車整備士1級若しくは2級の資格を有する者又は自動車整備士の養成施設において 5年以 上の指導に係る実務の経験を有する者を置くこと

国土交通省自動車局「自動車整備分野に係る上乗せ告示(平成31年国土交通省告示第358号)」 https://www.mlit.go.jp/common/001282295.pdf

 

特定技能「自動車整備」の受入れ可能業種・業務

特定技能1号において任せられる業務は、自動車整備工場などにおける日常点検整備・定期点検整備・分解整備となります。

定期点検整備とは、道路運送車両法に基づく法定点検整備であり、定期点検項目例は以下になります。

・ステアリング装置
・ブレーキ装置
・走行装置
・動力伝達装置
・電気装置
・エンジン
・サスペンション
・ばい煙・悪臭のあるガス・有毒ガスなどの発散防止装置


分解整備とは以下の装置を取り外しで行う整備又は改造になります。

• 原動機
• 動力伝達装置(クラッチ、トランスミッション、プロペラ・シャフト、 ディファレンシャル)
• 走行装置(フロン・トアクスル、リア・アクスル・シャフト等)
• かじ取り装置(ギヤボックス、リンク装置等)
• 制動装置(マスタシリンダ、ブレーキ・チャンバ、バルブ類等)
• 緩衝装置(シャシばね)
• 連結装置(トレーラ・ヒッチ、ボール・カプラ)

 

特定技能「自動車整備」活用の注意点

転職可能な制度

特定技能制度の特徴として、「転職可能である」という点が挙げられます。
技能実習制度においては転職不可能でしたので、外国人人材からしてもより多様な選択肢を得ることにつながりますが、受入れ企業にとっては働きやすい環境の準備や、賃金水準の設定など、考慮すべき点が出てきます。

登録支援機関の活用

特定技能人材を雇用するにあたって、支援計画の作成や日々の生活サポートなど、日本人従業員の雇用時には発生しない業務が多くあります。
特定技能所属機関(=受入れ企業)がその役割を担うことも可能ですが、「登録支援機関」を活用することで、上記のような業務をサポートしてもらうことが可能です。

 

雇用形態

正社員としての直接雇用のみとなり、派遣での雇用は不可能です。

 

試験概要

特定技能「自動車整備」分野の在留資格を取得するための試験内容に関しては、下記の通りです。

試験概要

1)試験
①と②の試験に合格する必要があります。
①技能試験(業務上必要な日本語能力含め)
「自動車整備分野特定技能評価試験」又は「自動車整備士技能検定試験3級」
②日本語能力の評価
「国際交流基金日本語基礎テスト(JFT-Basic)」又は「日本語能力試験(JLPT)のN4以上」
「国際交流基金日本語基礎テスト(JFT-Basic)」の情報はこちらからご覧いただけます。
  
「国際交流基金日本語基礎テスト(JFT-Basic)」の情報はこちらからご覧いただけます。
  
「国際交流基金日本語基礎テスト(JFT-Basic)」の情報はこちらからご覧いただけます。
  https://www.jpf.go.jp/jft-basic/
「日本語能力試験(JLPT)」の情報はこちらからご覧いただけます。
  https://www.jlpt.jp/
(2)技能実習からの移行
第2号技能実習(自動車整備職種に限る。)の修了
(上記(1)の①、②の試験は免除になります。)

技能実習第2号、もしくは第3号を修了している場合、特定技能「自動車整備業」への移行はスムーズに行えそうですね。
(上記(1)の①、②の試験は免除になります。)

技能実習第2号、もしくは第3号を修了している場合、特定技能「自動車整備業」への移行はスムーズに行えそうですね。

技能実習第2号、もしくは第3号を修了している場合、特定技能「自動車整備業」への移行はスムーズに行えそうですね。
(上記(1)の①、②の試験は免除になります。)

試験の範囲

試験の範囲は、自動車のシャシ、エンジンに関し、次に掲げる範囲とする。
①学科試験の科目
1.   構造、機能及び取扱法に関する初等知識
2.   点検、修理及び調整に関する初等知識
3.   整備用の試験機、計量器及び工具の構造、機能及び取扱法に関する初等知識
4.   材料及び燃料油脂の性質及び用法に関する初等知識
②実技試験の科目
1.   簡単な基本工作
2.   分解、組立て、簡単な点検及び調整
3.   簡単な修理
4.   簡単な整備用の試験機、計量器及び工具の取扱い
(2)特定技能評価試験の形式、問題数及び試験時間
試験の形式はCBT方式で問題数及び試験時間は、次のとおりです。
①学科試験の形式、問題数及び試験時間
1.   出題形式は、真偽法(○×式)
2.   問題数は30問、試験時間は60分
②実技試験の形式、問題数及び試験時間
1.   出題形式は、いくつかの課題について作業試験または図やイラスト等を用いた状況設定において正しい判別、判断を行わせる判断等試験により行います。
2.   問題数は3課題で、複数の設問を設け、試験時間は20分

引用: 日本自動車整備振興会連合会 「特定技能評価試験」https://www.jaspa.or.jp/mechanic/specific-skill/

試験申し込み

申し込みの流れについては、日本自動車整備振興会連合会HPにまとめられています。 https://www.jaspa.or.jp/Portals/0/resources/jaspahp/user/specific-skill/pdf/003.pdf

試験予約はこちらから行えます。
http://ac.prometric-jp.com/testlist/automobile/index.html

 

試験日程

最新の試験日程はこちらから確認できます。

【日本自動車整備振興会連合会】
http://ac.prometric-jp.com/shared/schedu/Schedule_SP.pdf

2020年4月時点では、フィリピンのみでの開催となっています。
今後、ベトナムでの試験開催も検討されているとの事です。

関連記事リンク

セミナー情報

ニュース情報

申請種類から探す
対象技能から探す
支援機関から探す
新着コラム記事
新着Q&A記事
NEWS・記事
企業向けセミナー