なぜ、外国人雇用に踏み切れないのか?なぜ、あの会社の外国人雇用が失敗してしまったのか? | 特定技能online

なぜ、外国人雇用に踏み切れないのか?
なぜ、あの会社の外国人雇用が失敗してしまったのか?(特定技能×介護)

人不足はどの事業所でも叫ばれている事実。そんな中でも、外国人雇用に踏み切れない理由とは?また、採用難から外国人採用に踏み切った事業所がなぜ、上手くいかないのか。むしろ、離職率を高めてしまった、人間関係が悪くなり、入居者に迷惑をかけてしまった例は少なくない。
様々な事業所を見てきた矢野氏に、外国人採用のリアルを伺った。

人手不足という状況下でも介護事業者が外国人採用に踏み切れない理由についてお聞かせください。

やはり、外国人材を採用することで、施設のスタッフも対処法に困ることや、利用者さんへの“不安要素”となる可能性がある点が大きいと思います。

こういった不安を解決するためには日本語力ももちろんですが、それ以上に重要なことは外国人材の性格や人格の部分です。その点をしっかりと見極めて採用に踏み切る会社も徐々に出てきています。

介護分野では、業界的にも海外との接点が少なく、そもそも外国人を採用すること自体が日常的でなかったことや、利用者の方々もサービスを受けるなら日本人から受けたいというニーズが強いのでしょうか?

そうですね。実際、そういった背景はあると思います。
ただ、黙々と一生懸命に業務を行う外国人材も多く、既に外国人材を活用している施設では、利用者の方々より高評価をいただくこともあります

外国人材を採用した後、育成や定着がうまくいかないケースや、職場が合わずに辞めてしまうケースなどもあるのでしょうか?また、どうすればそういったケースに対処することができるでしょうか?

もちろん、日本の組織で働くことに中々適応できず、退職の道を選ぶ外国人材もいます。
採用後の対応ももちろん重要ですが、それ以上に、介護という職種や、それぞれの施設の特性に合った人材を採用できているかという点が重要だと考えています。

介護施設の方々が外国人材を採用する際、人材紹介会社を通すことがほとんどだと思います。その人材紹介会社がどれくらい介護に対する知識を有しているかという点がポイントです。

特別養護老人ホームや介護老人保健施設からの外国人材採用のご相談が多いですが、そういった施設がそれぞれどのような性質であるのか、どういった人たちが入居していて、どういった人たちが働いているのかという点を理解した上で、外国人材の性格などを見極め、採用活動を行うべきだと考えます。

どの介護施設においても人と人とのコミュニケーションは必須です。介護分野は、製造業や農業など他の特定技能の分野と比べても、より多くの日本語でのコミュニケーションが求められます。

そのコミュニケーション相手(利用者やスタッフ)の性質を施設ごと(特養、老健など)に理解し、外国人材を紹介してくれる人材紹介会社と出会うことができれば良いと思います。

そのほか、人材紹介会社に外国人材を紹介をしてもらう際に注意すべきポイントなどありますか?

海外の人材供給元と密接に関わっているかどうかという点も重要です。日本側の施設の性質・性格を考慮し、「こういう人材が欲しいです」と海外側に要望を出すことができないと、ミスマッチが生じてくるためです。

海外側の送り出し機関からも毎日のように私宛に連絡が来ます。
しかし、海外側は日本の介護施設の特色などはそこまで理解できません。

ですので、日本側の人材紹介会社、そして介護施設の方々が主導権を握り、人材採用を進めていく必要があります

施設内で、日本人スタッフと外国人スタッフのコミュニケーションや人間関係で問題が生じるケースもあるのでしょうか?

やはり、国民性が多様になると何かしら問題は発生します。これは介護施設に限ったことではないと思いますが。

日本人特有の“空気を読む”ことや、“遠慮”のようなことを海外の方が理解し、行動することは難しいです。実際に外国人スタッフの直接的なものの伝え方や、嫌だと感じた時にすぐに表情に出てしまうことなどで、日本人スタッフとの軋轢が生まれた施設のお話を聞いたことがあります

そのような際、しっかりと話し合いの時間を設ける施設では、問題が大きくならずに済みます。しかし、そういった歩み寄りができない施設は、組織として崩壊してしまうでしょう。

介護施設の日本人マネージャーとしては、多文化マネジメントが必要になり大変かも知れませんが、外国人スタッフを採用する以上、ここは乗り越えていかなければなりません。

こういった話し合いの場を設ける上でも、やはり外国人材の日本語力というのは非常に重要になってくると感じています。

また、介護施設ではご高齢の方々、お体が強くない方々とのコミュニケーションを行わなければなりません。そのため、現状をしっかりと把握し、日々の仕事を行うためにも、高い日本語力が求められます

関連記事リンク

セミナー情報

ニュース情報

申請種類から探す
対象技能から探す
支援機関から探す
新着コラム記事
新着Q&A記事
NEWS・記事
企業向けセミナー