外国人生活支援センター株式会社 | 特定技能online

外国人生活支援センター株式会社

採用から受入支援までワンストップでサービス!ミャンマー人雇用お任せください。

代表取締役  杉谷洋二

当社では、「技能実習」「特定技能」の受入・紹介を行っています。
外国人の雇用は手続きが多くて難しく、管理も複雑で大変です。
また間違ったやり方をした場合、雇用者が罰せられる可能性もあります。
外国人の雇用はぜひ、私たちプロにお任せください!

≪外国人生活支援センター株式会社 3つの強み≫

1.自社で人材育成
ミャンマーでは、自社でイチから日本企業にあった人材を育成しています。豊富な人材の中から、貴社の希望にそった方の紹介が可能です。

2.大手機関と提携
ベトナムでは、最大手の送り出し機関である「LOD人材開発」と連携しています。長年の歴史がある送り出し機関から、優秀な人材を紹介することも可能です。

3.万全のサポート
人材を紹介して終わりではなく、その後も様々なサポートを継続して行います。
・労務相談 ・ビザ取得代行 ・賃貸住宅探しなど

サービス内容

◆ ミャンマー、ベトナム人紹介業務
├ 技能実習生受入・監理
├ 特定技能人材受入・監理
├ 人材派遣
└ アルバイト紹介・監理

外国人一括サポート業務
├ 法律相談
├ ビザ申請
├ 賃貸住居探し
├ 家財保険申請代行
├ 銀行口座開設、住民登録、携帯電話契約
└ 航空券手配

【サポート内容】

ビザ申請
人材紹介/採用支援
登録支援

【得意業種】

全業種対応

【対応可能地域】

全国対応

インタビュー

- 御社の具体的な支援内容(事業内容)を教えてください。

当社では、ミャンマー人、ベトナム人の技能実習生、特定技能受入支援業務を行っております。
特にミャンマーでは自社の学校で教育しているため、採用時から代表自ら面談を行い、日本の受入企業のニーズにあった人材を紹介、監理しています。
ミャンマー人を募集する際には、ミャンマーの中でも特に地方出身者の採用を中心に行い、真面目で日本に本当に行きたい生徒のみを合格させ、受入企業面接前までにN4レベルまで教育しています。
日本での実習終了後に、母国帰国後に、地方の経済発展に寄与することに貢献できるすることも目的です。
また、来日前の教育費も自社で全て把握しているため、悪質なブローカーなどは一切関与していません。
来日後のサポート体制も充実しているため、安心です。

- 御社の支援された実績や実例を教えてください。

特定技能の実績が多い業種は、総菜製造業、ビルメンテナンス、介護の分野です。ミャンマー人が多く、2020年4月時点で約30名を受入れ、20名の入国待ちの状況です。

選考方法1つめは、すでに技能実習生を終え、帰国している人材を特定技能として選んでいます。日本に再度来日したい希望者が多く、レベルの高い人材を選考できるため、合格者を決めるのが大変です。

2つめは技能実習生を終える間近の人材で、特定技能生として残りたい人材の採用です。事前に日本で受入企業との面接も可能で安心できます。

- 外国人を採用する際のアドバイスや注意点を教えてください。

①日本人スタッフと同じ教育をしないこと。
日本の教育では、怒られながら育つことが文化としてありますが、ミャンマーでは怒られる文化がないため、怒る教育ではうまくいきません。褒めて伸ばすことが大切です。

②業務内容をしっかり伝える
言われたことは真面目に行いますが、自分から考え、行動することは苦手です。業務内容をしっかり伝えることが大切です。

- 今後のビジョンを教えてください 。

受入企業が特定技能に求めるレベルは高く、最大限期待に応える人材を紹介・監理していくことです。
例えば介護であれば、ご年配の方の世話をすることが好きなこと、コミュニケーション能力、日本語レベルも求められます。
送出し前の事前適正確認や事前教育を十分行い、受入企業のニーズに応えることを重視していきます。

    

会社概要

企業名

外国人生活支援センター株式会社

代表者名

杉谷洋二

従業員数

5名

事業内容

外国人材紹介・監理

設立年月日

2019年9月1日

所在地

東京

オススメのサポート企業

コラム情報

セミナー情報

ニュース情報

申請種類から探す
対象技能から探す
支援機関から探す
新着コラム記事
新着Q&A記事
NEWS・記事
企業向けセミナー