【試験情報】宿泊分野 特定技能 1号試験(随時更新) | 特定技能online

【試験情報】宿泊分野 特定技能 1号試験(随時更新)

特定技能「宿泊」分野における、試験について情報をまとめます。
一般社団法人 宿泊業技能試験センター からの情報を掲載します。

【重要なお知らせ】
 令和2年4月1日以降の国内試験から受験資格が拡大されます。
これまでは,日本国内での受験対象者は,「中長期在留者及び過去に中長期在留者として在留していた経験を有する方」などに限られていたところ,これを「在留資格を有する者」として在留資格をもって在留する方については一律に受験を認めることとしました。
 これにより,過去に中長期在留者として在留した経験がない方であっても受験を目的として「短期滞在」の在留資格により入国し,受験することが可能となります。
なお,令和2年3月31日までは,引き続き現行の「『特定技能』に係る試験の方針について」に基づき運用されるため,見直し後の受験資格は令和2年4月1日以降に実施される試験から適用されることとなりますのでご注意願います。

引用:「試験の適正な実施を確保するための分野横断的な方針」より

試験概要

特定技能測定試験とは、日本で就労を希望する国内外の外国人に対し、国が定める基準をもとに作成した問題により「日本語能力」と「技能」の水準を評価する試験です。
「日本語能力」の水準は、独立行政法人国際交流基金が実施する「国際交流基金日本語基礎テスト(JFT-Basic)」又は独立行政法人国際交流基金および日本国際教育支援協会が実施する「日本語能力試験(JLPT)」において判定されます。
「技能」の水準は、職種ごとの業界団体が実施する「技能測定試験」において判定されます。

宿泊業技能測定実施要領【PDF】

試験日程(過去試験についても掲載)

国外

未定(2020年7月27日現在)

国内

国内での国外での宿泊業技能測定試験の詳細はこちら

日時場所
2020年1月19日(日)札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡・那覇
2020年7月11日(土)、12日(日) 福岡
2020年7月13日(月) 大阪
2020年7月14日(火)、15日(水) 名古屋
2020年7月17日(金)、18日(土)、19日(日)東京
2020年7月28日(火) 那覇

受験料:

3,500円 (通常は7,000円)

※令和2年度(2020年度)は新型コロナウイルスの感染拡大の影響等を踏まえ、日本政府が特定技能試験の受験料を半額負担することが決定し、2020年7月に行う宿泊業技能測定試験の受験者は残りの半額「3,500円」の受験料支払いとなりました。

試験問題

2019年4月14日に開催された第1回試験(筆記&実技)の過去問が公開されています。
一般社団法人 宿泊業技能試験センターのHP、「宿泊業技能測定試験の過去問題」よりダウンロードできます。

試験申し込み

試験申込は、一般社団法人宿泊業技能試験センターのHPから行うことができます。

オススメのサポート企業

関連記事リンク

コラム情報

セミナー情報

ニュース情報

申請種類から探す
対象技能から探す
支援機関から探す
新着コラム記事
新着Q&A記事
NEWS・記事
企業向けセミナー