【試験情報】介護分野 特定技能評価試験(随時更新) | 特定技能online

【試験情報】介護分野 特定技能評価試験(随時更新)

厚生労働省 からの情報です。

2019年4月より新設された在留資格「特定技能」では、介護分野も対象となります。ここでは、その試験情報について紹介いたします。

【重要なお知らせ】
 令和2年4月1日以降の国内試験から受験資格が拡大されます。
これまでは,日本国内での受験対象者は,「中長期在留者及び過去に中長期在留者として在留していた経験を有する方」などに限られていたところ,これを「在留資格を有する者」として在留資格をもって在留する方については一律に受験を認めることとしました。
 これにより,過去に中長期在留者として在留した経験がない方であっても受験を目的として「短期滞在」の在留資格により入国し,受験することが可能となります。
なお,令和2年3月31日までは,引き続き現行の「『特定技能』に係る試験の方針について」に基づき運用されるため,見直し後の受験資格は令和2年4月1日以降に実施される試験から適用されることとなりますのでご注意願います。

引用:「試験の適正な実施を確保するための分野横断的な方針」より

試験概要

高齢化・人手不足の状態に陥っている日本の介護分野。
そんな中、即戦力の外国人への在留資格「特定技能」が新設されました。
日本国内だけでなく、海外でも受験が可能な試験概要につき、説明します。 

介護分野における在留資格「特定技能1号」は、 国内外で実施される以下の試験に合格した外国人材の方が対象となります。
 ➀介護技能評価試験(技術試験)
 ➁国際交流基金日本語基礎テスト又は日本語能力試験N4以上(日本語試験)
 ➂介護日本語評価試験(日本語試験)  

※以下に掲げる方については、「特定技能1号」の決定に当たり、技能試験・日本語試験が免除されます。
 〇介護分野の第2号技能実習を修了した方
 〇介護福祉士養成施設を修了した
 〇EPA介護福祉士候補者としての在留期間満了(4年間)の方

「介護技能評価試験」試験実施要領【PDF】
「介護日本語評価試験」試験実施要領【PDF】

試験日程

国外

カンボジア、フィリピン、モンゴル、インドネシア、ミャンマー、ネパールで実施中。(2020年6月29日現在)
国外での介護技能評価試験日程はこちら

国内

実施中。
2020年7月開催  2020年8月開催     

試験内容

介護技能評価試験 介護日本語評価試験
問題数・試験時間・
試験科目
全45問 60分
(学科試験:40問)
・介護の基本(10問)
・こころとからだのしくみ(6問)
・コミュニケーション技術(4問)
・生活支援技術(20問)
(実技試験:5問)
・判断等試験等の形式による実技試験課題を出題
►出題基準
 
全15問 30分
・介護のことば(5問)
・介護の会話・声かけ(5問)
・介護の文書(5問)
実施方法 コンピューター・ベースド・テスティング(CBT)方式 同左
サンプル問題 ►介護技能評価試験 ►介護日本語評価試験
受験手数料 1,000円程度 1,000円程度
試験結果の通知 試験後1ヶ月以内を目途に予約サイトのマイページから結果通知を確認できます。
※合格基準:問題の総得点の60%以上
同左

引用:厚生労働省「介護分野における新たな外国人材の受入れ(在留資格「特定技能」)について

受験申込みについて

国内外での介護技能評価試験・介護日本語評価試験は こちらよりお申込みが可能です。
※申し込みに際し、Prometric IDの登録が必要です。

※ 個人・企業(団体)により申し込みフローが異なるようなので、ご確認ください。
※ 日本国内における介護技能評価試験・介護日本語評価試験の手順はこちらで確認できます。

学習テキスト

日本語版  英語版  クメール語版  インドネシア語版  ネパール語  
ビルマ語版    ベトナム語版    中国語版    タイ語版

厚生労働省HPの「介護技能評価試験・介護日本語評価試験の学習用テキストについて」よりダウンロードできます。

詳細・最新情報

厚生労働省


オススメのサポート企業

関連記事リンク

コラム情報

セミナー情報

ニュース情報

申請種類から探す
対象技能から探す
支援機関から探す
新着コラム記事
新着Q&A記事
NEWS・記事
企業向けセミナー