JAPAN行政書士事務所 | 特定技能online

JAPAN行政書士事務所

ビザ専門行政書士が外国人雇用を完全サポート
<貴社の外国人材採用を総合コンサルティング>

代表者:小山 翔太

当事務所は、日本の人手不足解消のため新たに創設された在留資格「特定技能」に特化した専門コンサルティング・ビザ取得サービスを行っております。

外国人雇用の最前線に精通している行政書士によるコンサルティングで、貴社の利益拡大に貢献いたします。ビザ専門行政書士事務所だからこそ可能な、きめ細やかなワンストップ・サポートを展開しています。

事務所は上野駅徒歩2分に立地しており、英語・中国語対応可能です。

サービス概要

【ビザ申請代行】
日本に存在する29種類の在留資格(ビザ)全ての申請代行を承っております。その中でも、「技術・人文知識・国際業務」「特定技能」をはじめとした就労系ビザを得意としております。


【特定技能コンサルティング】
「特定技能」ビザは取得してからも様々な手続きがあります。ビザ取得前の外国人活用コンサルティングからビザ取得後のアフターフォローまでしっかりと対応いたします。

【サポート内容】

ビザ申請

【対応業種】

全業種対応

【対応可能地域】

全国対応

インタビュー

- 御社の 具体的な支援内容(事業内容)を教えてください。

フラットな価値観の実現をビジョンとする当事務所は、設立以来100件以上のビザ申請をお手伝いしてきました。2019年4月より施行された特定技能ならびに登録支援機関に関しては「登録支援機関.com」という専用サイトを立上げ、特定技能外国人を雇用したい企業・登録支援機関の登録を受けたい企業の両者をサポートしてきました。

- 御社の支援された実績や実例を教えてください。

当事務所の代表小山は特定技能に関して多数のセミナー開催実績がございます。その中でも定員5名を上限とするミニセミナーでは特定技能に関する疑問質問を解決できたとご好評を頂いております。

複数の登録支援機関並びに特定技能所属機関の顧問を務めており、日々外国人雇用のアドバイスとサポートを行っております。

- 外国人を採用する際のアドバイスや注意点を教えてください。

外国人雇用は日本人雇用と2つの点で異なります。
1つは在留資格(ビザ)手続が発生することです。こちらに関しては適切な専門家に依頼することをおすすめします。

もう1つは外国人は日本人とは異なる文化的背景を有するということです。例えば中国の方は春節の時期には故郷に帰省したいと思っているなど出身国の文化慣習を理解することは従業員の定着率に影響してきます。

しかし必要以上に外国人だから特殊という感覚をもつことは避けねばなりません。基本的には日本人従業員と同様に接し、要所要所で彼らの文化の違いを理解してあげることが大切です。

- 今後のビジョンを教えてください。

在留外国人数は282万人超、外国人就労者数は146万人超といずれも過去最高を更新し続けています。「特定技能」制度が本格的に動き出してくれば、更に外国人数が増えることが確定しております。

まずは外国人雇用を在留資格の点でお手伝いすることに力を注ぎ、特定技能外国人のスムーズな就業をサポートしたいと思います。

その後はフラットな価値観の実現が行えるよう、外国人が違和感なく日本社会に溶け込める環境作りと我々日本人の意識改革にもセミナー等を通じてお役立ちできればと考えております。

会社概要

企業名

JAPAN行政書士事務所

代表者名

小山 翔太

従業員数

6名

事業内容

在留資格(ビザ)関連手続き/会社設立

設立年月日

2016/12

所在地

東京都台東区東上野三丁目17番8号 大野屋ビル3階A号室

オススメのサポート企業

コラム情報

セミナー情報

ニュース情報

申請種類から探す
対象技能から探す
支援機関から探す
新着コラム記事
新着Q&A記事
NEWS・記事
企業向けセミナー