≪WEBセミナー≫外国人材の早期離職を防ぐ、採用・教育の仕組み&生活サポートノウハウセミナー | 特定技能online

≪WEBセミナー≫外国人材の早期離職を防ぐ、採用・教育の仕組み&生活サポートノウハウセミナー

外国人材の就職サポートだけでなく、日本社会に定着するための様々な生活サポートを行っているグローバルトラストネットワークス社の原田博之氏、国内外で300社以上の人事コンサルティング経験のある株式会社エイムソウルの代表取締役 稲垣 隆司が、「外国籍人材を定着させる為の生活サポートの重要性と課題」と「外国人採用の鍵を握る概念「CQ」とは~採用・配属・育成における理論と事例~」というテーマで解説致します。

特定技能など新たな就労ビザが始まり、今後より多くの外国人材が日本企業に入社することが見込まれています。しかし日本には独特の習慣があり、様々な夢をもって日本に来る方が、「外国人だから」という理由で困難な場面に遭遇することが たくさんあります。言葉の壁、住まい、携帯電話、金融サービス、仕事…と、生活にとって必要最低限といえるようなシーンでさえ、そういったことが起こっています。

また、その困難の解決を外国人材を採用する企業側が行うケースもありますが、採用企業側にこのようなノウハウがあるケースは稀で、多くの企業が手探り状態だとお聞きします。そこで今回はこの分野において業界トップクラスの実績を持つ、株式会社グローバルトラストネットワークス社にノウハウや事例を解説頂きます。

また生活サポート以前に、自社にマッチする外国人材を集めて見極め、職場の受け入れ力を高めることも重要です。職場の10人に1人が外国人になりえる2030年に向けて、外国人採用の仕組みを作ることは組織を維持する必須条件です。文化・価値観の異なる社員で組織を動かすにはIQ・EQに次ぐ概念、CQ(文化の知能指数)が鍵となります。いかに外国人入社者のCQを見極め育て、受け入れ側のCQを高めるか。一橋大学の米倉誠一郎名誉教授らと構築した、CQを中核とした外国人採用戦略を解説します。

様々な企業の事例紹介や質疑応答の時間も設けており、外国人採用における皆さまの疑問や不安が解消されることを目指しております。

第一部は、株式会社グローバルトラストネットワークスの原田博之氏が「外国人材を定着させる為の生活サポートの重要性と課題」について解説いたします。大手IT企業で外国籍人材の人事業務を担当してきた経験も踏まえ、外国人材側・採用企業側双方の視点から、外国籍人材だからこそ抱える日本での生活準備や日々の生活で抱える課題や対応上の留意点を、実例も交えてお伝えします。

第二部は、当社代表の稲垣が「外国人採用の鍵を握る概念「CQ」とは~採用・配属・育成における理論と事例~」を解説いたします。稲垣はASEANに事業展開し、海外に展開する日系企業の人事コンサルティングを実施しています。様々な外国人へのサーベイデータを基に導き出した、外国人採用に必要となるCQという概念や、CQに基づいた採用・教育手法について様々な企業事例を用いて解説します。

■ 外国人材の早期離職を防ぐ、採用・教育の仕組み&生活サポートノウハウセミナー
第一部:外国籍人材を定着させる為の生活サポートの重要性と課題
-外国籍人材が日本での生活準備で苦労すること
-外国籍人材が戸惑う日本での生活やトラブルを事例でご紹介
-外国籍人材に安定した生活基盤を用意するには

第二部:外国人採用の鍵を握る概念「CQ」とは~採用・配属・育成における理論と事例~
-抑えておきたい、日本人採用と外国人採用における違い
-外国人採用の鍵を握る概念「CQ」(文化の知能指数)とは
-CQをベースに外国人採用・配属・育成を改革した企業事例
※過去セミナー「外国人材ならではの採用基準と配属先をロジカルに決定する手法」と同じ内容です。

関連記事リンク

コラム情報

ニュース情報

申請種類から探す
対象技能から探す
支援機関から探す
新着コラム記事
新着Q&A記事
NEWS・記事
企業向けセミナー