【特定技能介護分野】
外国人雇用の向き合い方~成功する採用・教育・定着とは~ | 特定技能online

【特定技能介護分野】
外国人雇用の向き合い方~成功する採用・教育・定着とは~

あと数年で、国民の3人に1人が65歳以上となる超高齢社会に突入する日本。一方、介護現場では今後5年で35万人の介護人材の不足が迫っています。IT化やロボットの導入などを進めるとはあるものの、今後の外国人雇用は各企業にとって欠かせない施策になります。新たな在留資格「特定技能」でも今後5年間で上限6万人を受け入れる方針。2017年~技能実習もスタートし、一口に外国人雇用と言っても様々な雇用形態や在留資格があります。

ここでは「介護事業者がどのように外国人採用を行うべきか」を専門家に伺い、各社の事例や施策を通じて、外国人雇用をどう成功に導くのかをサポートしていきます。

注目記事

記事一覧

人材紹介会社に一括でお問い合わせ

  • シルバスクール株式会社

    10年以上の介護事業コンサルティング経験を持ち、外国人介護士の育成に力を入れています。

申請種類から探す
対象技能から探す
支援機関から探す
新着コラム記事
新着Q&A記事
NEWS・記事
企業向けセミナー