1985年開校・2万人以上の留学生を受け入れてきた赤門会の教育制度やサポート体制 | 特定技能online

1985年開校・2万人以上の留学生を受け入れてきた赤門会の教育制度やサポート体制

―御社の事業内容と強みについてお話しください。

当社は日本語学校や技能実習生の監理組合、寮の運営、外国人材に特化した育成型の派遣や紹介事業などを手掛けております。

弊社の強みは、日本企業が望む外国人材を発掘し、企業の要望に合わせた教育を日本人の日本語教師によって行っています。紹介させていただく人材は、高度人材から現場で活躍する人材と幅広く、弊社にお任せいただければワンストップでお望みの人材をご紹介いたします。

―これまでの実績についてお聞かせください。

2014年4月の発足より、人材派遣ですと約600名、人材紹介ですと約500名ほどの実績がございます。

―赤門会の概要についてお聞かせください。

赤門会日本語学校は東京の日暮里にございます。19857月の開校以来、80以上の国・地域から2万人以上の留学生を受け入れてきました。

開校当時は、現理事長が日韓の架け橋になるべく、韓国から若い人材を日本に留学させ、日本と韓国双方で活躍する人材を育てることが目的でした。

1990年代には中国人の留学生、90年代後半にはタイの大学から交換留学生が団体で来日するなど、様々な国の学生を受け入れるべく運営してまいりました。

2009年には、EPA(経済連携協定)において、フィリピンから介護福祉候補生を81名受入れるなど、行政に係るお仕事もさせていただいております。

現在では、常時50か国ほどの国・地域から約1800名の学生が在籍しています。

―どのようなサポートや教育制度なのでしょうか?

基本的に外国人留学生は日本に家族がいないため、我々赤門会のスタッフが彼らの家族になろうという気持ちを持っています。ですので、勉学のサポートだけでなく、日本での生活サポートやアルバイト探しの支援なども行っています。

また我々は、500名規模の学生寮を運営しています。キャンパスの近くにあり、リーズナブルな価格で提供しています。留学先の学校が運営しているという事で、現地の親御さんたちへの安心材料にもなっているようです。

教育に関する赤門会の特徴は、午前・午後の二部制であるという点です。
留学生本人たちにも、それぞれの生活リズムやアルバイトの時間帯などにより、午前の授業が良い学生もいれば、午後の授業の方が良い学生もいます。

できるだけ多くの学生の要望に応えるため、全てのクラス・レベルにおいて、午前・午後どちらでも受講可能なシステムになっています。

―これまで多くの留学生の日本での就職支援をされてこられたと思います。そのご実績や、採用される企業様側に対し、外国人材のマネジメントについて、どのようなアドバイスをされていらっしゃいますか?

赤門会では2011年から「ビジネス就職クラス」を設けています。海外の大学を卒業していて、日本語能力がN2レベル以上の留学生が対象に、入試を受けてもらい、合格すれば入学ができます。

そちらのクラスですと、1年以内にほぼ全員が日本の企業への就職を勝ち取ります。星野リゾート様やヤマハ発動機様など、大手企業からも内定をいただいております。

もちろん、外国人材の採用が初めての日本企業様も多いです。その場合は、担当の部署の方へ「外国人材の出身国に興味関心を持ってください」と必ずはじめに伝えています

日本で働く上で、外国人材が日本のルールや文化、商習慣に従うことは当然です。しかし、雇う側の企業においても、従業員になる外国人材のバックグラウンドをある程度把握すべきだと考えています。

なぜなら、その国の文化や風習などを知っているか、知っていないかで、トラブルや摩擦はだいぶ減るからです。

―留学生の方々の特定技能に対する興味関心はいかがでしょうか?

東南アジアの留学生のほとんどが、特定技能の存在は知っています。
ただ、仕事内容として技能実習とそこまで差がないという認識もされています。

そのため、現地の大学を卒業してから日本に来ている留学生にとっては、もっと違う仕事を日本で求めている場合が多いです。

ただ、特定技能が普通の就労ビザと変わらない仕事ができ、かつ5年間日本で就労できるという点をしっかりと理解してもらっても、特定技能を選ばない留学生が多い現状だと思います。

その一番の理由は、家族帯同が認められていないからです。
1,2年ならまだしも、5年間ですから。中には現地に家族がいたり、恋人がいる留学生もいます。日本に長く滞在したいと考えている留学生であればあるほど、ここが一番大きなポイントになるのではないでしょうか。

こういった点においても、もし制度の見直しがなされれば、より多くの外国人材が日本で働いてくれると思います。

特定技能人材の採用をお考えの皆様へ

今まで外国人材を雇用された経験のない企業様も多いのではないでしょうか。

・日本語でのコミュニケーションに問題はないか?
・どのような仕事を任せられるのか?
・どの国の人材が良いのか?
・雇用するにあたり何から始めればよいのか?

…など、様々不安や疑問があるかと思います。

特定技能Onlineでは、外国人材紹介企業や、登録支援機関、行政書士事務所など、弊社がご面談をさせていただいたサポート企業を無料で紹介しています!

外国人材採用をご検討の方、是非一度お問い合わせくださいませ。

 class=

関連記事リンク

セミナー情報

申請種類から探す
対象技能から探す
支援機関から探す
新着コラム記事
企業向けセミナー
おすすめ記事