日本の介護分野を志す外国人材のために。「貸付金奨学金プログラム」とは? | 特定技能online

日本の介護分野を志す外国人材のために。「貸付金奨学金プログラム」とは?

-介護分野におけるサポートについてお聞かせください。

現在、株式会社ヒューマンパワーとして最も力を入れているのは、介護・看護分野です。介護は介護福祉士、看護は看護師です。

介護士として働くビザとしては「在留資格介護」があります。ただこれは取得するために介護福祉士専門学校を卒業して、介護福祉士の資格を取らなければなりません。ただ現在では、「特定技能介護」、「技能実習介護」で就労し、期間内に介護福祉士の国家試験を受験し合格すれば介護福祉士として勤務することが可能になっています。

我々は、赤門会・株式会社ヒューマンパワー・ヒューマンパワー協同組合と3つの組織で、すべてのビザにおいて外国人介護人材へのトータルサポートを行っています

赤門会では、留学生への奨学金プログラムを活用し、日本語の勉強と介護福祉士専門学校への進学サポートを行っています。

株式会社ヒューマンパワーでは特定技能介護人材の就職支援を行っています。

ヒューマンパワー協同組合では、技能実習介護の人材を受入れています。

本人のやる気次第ですが、3年ないし5年の技能実習生期間に、介護福祉士の国家試験の準備をして合格できれば、在留資格介護に変更が可能です。

外国人介護人材が日本で働くためのすべての方法をトータルでサポートしている点が我々の強みになります。

-奨学金プログラムについてもお聞かせください。

「貸付金奨学金プログラム」という、外国人材にとっても、受入れ施設様にもメリットがある奨学金がございます。

弊社がベトナムやミャンマーなどで、医療系の短期大学や看護大学等にアプローチし、日本の介護・看護の分野で働くことを志している学生を集めます。

日本の介護施設の方々にその学生達とご面談いただき、合格になった学生は来日して、その介護施設の最寄にある日本学校・介護福祉専門学校に入学してもらいます。
その間は学校に通いながら、その介護施設で週28時間アルバイトします。

アルバイトの中で、日本語での介護現場経験を積み、介護福祉士の専門学校卒業し介護福祉士国家試験に合格後、フルタイムの社員としてその介護施設で働くという流れです。

学生側のメリットは、日本語学校・介護福祉専門学校の学費を受入れ介護施設側が前払いしてくれるという点です。そのため「貸付金奨学金」という名前になっています。

学生たちは、将来介護福祉士として働きながら介護施設へ奨学金を返済していく形となります。母国の親御さんたちが大きな借金を抱えなくてよい点も、大きなメリットです。

企業の側のメリットとしては、正規雇用する前に3~4年間、アルバイトとして外国人材の能力や人間性を見ることができる点です。

もし遅刻や欠勤が多かったり、万が一施設に不利益を与えるなどであれば、奨学金プログラムを解除して、残債を返済してもらうことも可能です。

もちろん、3~4年間若い人材を確保ができるという点も、人手不足の施設にとっては大きなメリットです。

学生が介護福祉士として働き始めてから奨学金を返済するまでの期間は5年間です。その期間も自身の施設で働いてくれることを入れると、より長期的に人手不足を解消することができます。また、アルバイトから始めることにより、施設側が望む人材育成をすることが、学生本人にとっても落ち着いて学業に打ち込める環境となります。

-最後に、御社のビジョンについてお聞かせください。

日本がもっと国際色豊かな国になるための力になりたいと考えています。

大手企業はだんだんそうなってきているのかも知れませんが、日本の中小企業においても、肌の色や宗教が違う人が普通に働いている世の中になればいいなと考えています。

もちろん言葉の壁はありますが、英語でも出身国によって訛りがあるように、日本においてもそのような環境になれば面白いのではないでしょうか。訛りがあってもコミュニケーションできれば全く問題ないですし。近い将来、どんな職場でも、多種多様な人が働いている状況が一般的になること、当社がその一助になるように日々努力しています。

日本だから日本人優先という固定概念を崩し、お互いを尊重しあえる社会を創る一助になれればと思います。

特定技能人材の採用をお考えの皆様へ

今まで外国人材を雇用された経験のない企業様も多いのではないでしょうか。

・日本語でのコミュニケーションに問題はないか?
・どのような仕事を任せられるのか?
・どの国の人材が良いのか?
・雇用するにあたり何から始めればよいのか?

…など、様々不安や疑問があるかと思います。

特定技能Onlineでは、外国人材紹介企業や、登録支援機関、行政書士事務所など、弊社がご面談をさせていただいたサポート企業を無料で紹介しています!

外国人材採用をご検討の方、是非一度お問い合わせくださいませ。

 class=

関連記事リンク

セミナー情報

申請種類から探す
対象技能から探す
支援機関から探す
新着コラム記事
企業向けセミナー
おすすめ記事