フィリピンで送り出し機関を運営するSANKO Employment Solutionsに聞く
“フィリピン人材雇用のススメ” | 特定技能online

フィリピンで送り出し機関を運営するSANKO Employment Solutionsに聞く
“フィリピン人材雇用のススメ”

2019年4月に新設された在留資格「特定技能」。
全14業種において、5年間で約34万人を受入れる計画であり、今後様々な国々から日本で就労するため多くの外国人材が来日する。

介護分野における受入れ目標人数は6万人。
日本における65歳以上の高齢者数は3617万人であり、総人口の28.7%を占める割合である。
(人口推計 2020年9月15日現在)

少子化による労働人口の更なる減少が予測される中、特定技能制度を活用した外国人介護人材の活用に期待が寄せられている。

その中でも注目されるフィリピンについて、現地で送り出し機関を運営するSANKO Employment Solutions, Inc.にお話を聞いた。

注目記事

記事一覧

人材紹介会社に一括でお問い合わせ

  • SANKO Employment Solutions Inc

    日本人とフィリピン人が提携し、日本及びフィリピンで培ってきた人材教育・育成ノウハウを元に、日本をはじめ世界各国へより良いフィリピン人労働者を送り出します。

申請種類から探す
対象技能から探す
支援機関から探す
新着コラム記事
企業向けセミナー
おすすめ記事