【WEBセミナー】シリーズ「登録支援業務の実際」第5回 登録支援機関の本来の役割とは | 特定技能online

GTN社主催WEBセミナー
シリーズ「登録支援業務の実際」第5回 登録支援機関の本来の役割とは

Sponsored株式会社グローバルトラストネットワークス

【概要】
今年の6月より4回に渡りお送りしてきた、Webセミナーシリーズ「登録支援業務の実際」。

一つの区切りのとなる第5回では、根本的なテーマである、「登録支援機関の本来の役割とは」をテーマに開催致します。

この4回は「登録支援機関を選ぶ3つのポイント」「相談・苦情への対応の実情」「特定技能人材採用のポイント(前編)(後編)」のテーマでお話しして参りました。

各テーマでお伝えしたことの根本には、我々、株式会社グローバルトラストネットワークス(GTN)が考える「登録支援機関の本来の役割」像があります。

10の義務的支援は確かに、重要かつ不可欠な内容です。しかし、義務的支援のみで、特定技能の目的でもある「雇用企業の安定した人材戦略」「外国人の安定したキャリア形成」が達成できるでしょうか?

このセミナーでは、この課題に対する我々GTNなりの一つの回答をお伝えし、それが今後皆様とディスカッションを進めていく契機となれば幸いです。

【アジェンダ:登録支援機関の本来の役割とは】
・特定技能制度の目的と、それに必要な「支援の全体像」
・「支援の全体像」における、登録支援機関の役割
・登録支援機関の「本来の役割」の事例
・GTNが考える、義務的支援10「+10」の支援

【このような方にお薦め】
・特定技能人材を雇用している/雇用を検討している施設、団体様
・特定技能人材以外の外国人を雇用している/雇用を検討している施設、団体様
・専門学校/日本語学校でキャリア担当をされている方
・技能実習生管理団体、人材紹介会社、登録支援機関など人材事業を行っている方々

※セミナー後、アンケートにご協力くださった方に、セミナーでの使用資料をお送りします。
※セミナー内容は予告なく変更する場合がございますので、ご了承ください。



※イベント当日正午までのお申し込み受付といたします。

 

 

特定技能人材の採用をお考えの皆様へ

今まで外国人材を雇用された経験のない企業様も多いのではないでしょうか。

・日本語でのコミュニケーションに問題はないか?
・どのような仕事を任せられるのか?
・どの国の人材が良いのか?
・雇用するにあたり何から始めればよいのか?

…など、様々不安や疑問があるかと思います。

特定技能Onlineでは、外国人材紹介企業や、登録支援機関、行政書士事務所など、弊社がご面談をさせていただいたサポート企業を無料で紹介しています!

外国人材採用をご検討の方、是非一度お問い合わせくださいませ。

 class=

関連記事リンク

コラム情報

申請種類から探す
対象技能から探す
支援機関から探す
新着コラム記事
企業向けセミナー
おすすめ記事