特定技能1号在留外国人数【2019年12月末時点】 | 特定技能online

特定技能1号在留外国人数【2019年12月末時点】

出入国在留管理庁 からの情報です。

概要

出入国在留管理庁は、2019年12月末での特定技能1号における在留外国人数は1,621名と発表しました。

特定技能制度における5年間の受け入れ人数目標は34万5150人と定められています。

2019年4月からの9か月間での達成率は約0.47%となり、今後の受け入れ拡大が期待されます。


国別受け入れ人数

ベトナムからの在留外国人数が2位以下の国を大きく上回る結果となっています。

ベトナム901人
インドネシア189人
フィリピン111人
ミャンマー100人
中国100人
カンボジア94人
タイ79人
ネパール18人
その他29人


分野別受け入れ人数

飲食料品製造業分野が557名と約34%を占める結果となりました。

介護19 人
ビルクリーニング13 人
素形材産業193 人
産業機械製造行198 人
電気・電子情報関連38 人
建設107 人
造船・船用工業58 人
自動車整備10 人
航空0 人
宿泊15 人
農業292 人
漁業21 人
飲食料品製造557 人
外食100 人

都道府県別

受け入れ人数が100人を超えたのは以下になります。

埼玉県112人
愛知県127人
大阪府103人

特定技能人材の採用をお考えの皆様へ

今まで外国人材を雇用された経験のない企業様も多いのではないでしょうか。

・日本語でのコミュニケーションに問題はないか?
・どのような仕事を任せられるのか?
・どの国の人材が良いのか?
・雇用するにあたり何から始めればよいのか?

…など、様々不安や疑問があるかと思います。

特定技能Onlineでは、外国人材紹介企業や、登録支援機関、行政書士事務所など、弊社がご面談をさせていただいたサポート企業を無料で紹介しています!

外国人材採用をご検討の方、是非一度お問い合わせくださいませ。

 class=

関連記事リンク

セミナー情報

申請種類から探す
対象技能から探す
支援機関から探す
新着コラム記事
企業向けセミナー
おすすめ記事