【試験情報】農業分野 特定技能評価試験(随時更新) | 特定技能online

【試験情報】農業分野 特定技能評価試験(随時更新)

2019年4月より新設された在留資格「特定技能」では、農業分野も対象となりました。ここでは、その試験情報について紹介していきます。

【重要なお知らせ】
 令和2年4月1日以降の国内試験から受験資格が拡大されました。
これまでは、日本国内での受験対象者は「中長期在留者及び過去に中長期在留者として在留していた経験を有する方」などに限られていたところ、これを「在留資格を有する者」として在留資格をもって在留する方については一律に受験を認めることとなりました。
 これにより、過去に中長期在留者として在留した経験がない方であっても受験を目的として「短期滞在」の在留資格により入国し、受験することが可能となりました。

引用:「試験の適正な実施を確保するための分野横断的な方針」より

試験概要

農業技能測定試験には
①耕種農業全般
②畜産農業全般 の2種類があります。

※特定技能の要件として、本試験とは別に、基本的な日本語能力を有するか確認するための国際交流基金日本語基礎テスト又は日本語能力試験N4以上の合格が必要です。
※本試験の合格は日本での就労を保証するものではありません。

「農業技能測定試験」試験実施要領

受験資格

①試験日において、17歳以上の者。
(インドネシア国籍を有する者は、18歳以上)
②日本国内で試験を受験する者にあっては、在留資格を有する者。
※①、②の両方を満たす必要あり

試験日程・場所

国内

日本各地で実施されています。
日本国内での試験会場はこちら
試験日程 はこちら

国外

バングラデシュ、カンボジア、インド、インドネシア、モンゴル、ミャンマー(マンダレーを除く)、ネパール、フィリピン、スリランカ、タイ、ウズベキスタン、ベトナムで実施しています。(2024年5月7日現在)
国外での農業技能測定試験日程はこちら

試験内容

農業技能測定試験(耕種農業全般)

耕種農業全般の技能に関する学科及び実技問題。
日本語で指示された農作業の内容等の聴き取り問題。
※本試験には、農作業現場で必要な日本語能力を有しているか確認する日本語問題も含まれます。
詳しくはこちら

問題数70問程度(非採点問題を含む。)
試験時時間60分(別途、試験説明・音声確認画面などが 10分)
出題形式択一式
実施方法CBT方式
合格基準総合得点に対し、全国農業会議所が定める判定基準点を越えていること。

農業技能測定試験(畜産農業全般)

畜産農業全般の技能に関する学科及び実技問題。
日本語で指示された農作業の内容等の聴き取り問題。
※本試験には、農作業現場で必要な日本語能力を有しているか確認する日本語問題も含まれます。
詳しくはこちら

問題数70問程度(非採点問題を含む。)
試験時時間60分(別途、試験説明・音声確認画面などが 10分)
出題形式択一式
実施方法CBT方式
合格基準総合得点に対し、全国農業会議所が定める判定基準点を越えていること。


※特定技能の要件として、本試験とは別に、基本的な日本語能力を有するか確認するための国際交流基金日本語基礎テスト又は日本語能力試験N4以上の合格が必要です。
※本試験の合格は日本での就労を保証するものではありません。

受験費用について

農業技能測定試験 (耕種農業):8,000円
農業技能測定試験 (畜産農業):8,000円

申込み方法

国内外での農業技能測定試験はこちらよりお申込みが可能です。
受験手続の流れはこちら
※申し込みに際し、Prometric IDの登録が必要です。

学習テキスト

農業技能測定試験HPの「学習用テキスト」よりダウンロードできます。
日本語能力の確認評価試験用: 農業技能測定試験【日本語テキスト】
音声ファイル 一括ダウンロード

詳細・最新情報

農業技能測定試験(Agriculture Skill Assessment Test

【PR】特定技能人材の中途採用はスキルド・ワーカー

2019年に成立した在留資格「特定技能」により、日本国内に外国人人材の受け入れが始まりました。
特定技能で外国人材を採用する企業が着実に増える中、特定技能人材側の転職希望者も増えてきました。

そもそも特定技能は日本人と同等条件での就業が前提。
日本人がごく普通に転職するように、技能人材に転職希望者が出てくるのは自然な流れと言えます。
特定技能人材の転職希望者の多くは仕事に対するモチベーションは高いものの、職場環境とマッチしていないがゆえに活躍し切れていないケースがほとんどなのが現状です。

スキルド・ワーカーは、丁寧なヒヤリングと面談によるマッチングを最も重視したサービス。
特定技能人材の中途採用にも力を入れています。

こんなお悩みのあるご担当者様におすすめ!
・日本国内だと業界的に人材不足が著しい
・募集をかけても経験者の応募がなかなか来ない。
・採用してもモチベーション維持や育成に手間がかけられない

スキルド・ワーカーは特定技能人材の採用マッチングから住居/ビサの手続きなどの受け入れ準備、採用までフルサポートいたします。

特定技能人材の採用をお考えの皆様へ

今まで外国人材を雇用された経験のない企業様も多いのではないでしょうか。

・日本語でのコミュニケーションに問題はないか?
・どのような仕事を任せられるのか?
・どの国の人材が良いのか?
・雇用するにあたり何から始めればよいのか?

…など、様々不安や疑問があるかと思います。

外国人材採用をご検討の方、是非一度お問い合わせくださいませ。

 class=

関連記事リンク

コラム情報

セミナー情報